マイクロソフトのサイトやブログで出てくる英語記事を日本語にしてみよう!


みなさん、こんにちは。今日はとっても暑いですね。
早く海水浴したいです~☆

では、本日の投稿に入りましょう。

本日は「マイクロソフトのサイトやブログで出てくる英語記事を日本語にしてみよう!」についてお伝えします。

 

 

困ったこと


検索エンジン(Googleなど)で、例えば「microsoft teams」と検索します。
すると、2番目あたりに以下のサイトが出てきますよね。
https://products.office.com/en-us/microsoft-teams/group-chat-software

 

Office 365・SharePoint で調べものをしていると、
よく英語記事に当たってしまうのですが、それを改善する方法をお伝えします。

 

 

日本語記事に一発変換しよう!


よくサイトのフッター部分(例えば msdn や製品サイト)に以下の言語変換メニューが出てきます。

 

しかし、以下の画面(メニュー)から変更しないでも、出来る方法があるのですよ!

 

 

それは、URL を見て、「en-us」と書かれているところを、「ja-jp」と置換してみてください☆

すると、英語だった記事が、日本語に変換されますよ。
https://products.office.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software

 

 

 

 

さいごに


これだけ覚えていたら、ちょっと手間が省けて簡単ですね(*’ω’*)
ただ、たまに変換が効かず、英語記事のままなこともありますので、お気を付けくださいね。

変換言語の一覧は、ロケール ID (LCID) の一覧をご覧いただければよいかと思います。
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc392381.aspx

 

 

今日のお話は先日行われた Office 365 勉強会で出てきた話題だったのですが、
「ja-jp」の声があがらなかったので、記事にしてみました。

 

では、また次回♪コツコツがんばります。

 

コメントを残す

CAPTCHA