Office 365 Education を知ってみよう!


みなさん、こんにちは。このブログで第8回目の投稿です。
もうすっかり夏モードになってきましたね。はやく海水浴したいです (*’ω’*)

では、本日の投稿に入りましょう。
本日は 「Office 365 Education を知ってみよう!」 についてお伝えします。

 

Plan


Office 365 Education には2つのプランがあります。
*Office 365 Education
*Office 365 Education E5
Office 365 Education だと無料で、E5 だと \650(\870)とです。

 

Point


プランでお気づきになった方も多いと思うのですが、Office 365 Education は教職員用と学生用でプランの中のライセンスが別れます。
(Office 365 Education E5 の場合は)
教職員用:Office 365 Education E5 for Faculty
学生用:Office 365 Education E5 for Student
上記のライセンスをユーザーに割り当てることで使えるサービス(機能)も異なってきますよ。
権限でサービスを分けているのではなく、割り当てるライセンスが異なっているということなのですね。

 

 

Service


Office 365 Education は基本的に ビジネス向け Office 365 と同じ機能ではりますが、大きなサービスの特徴として以下の3つが挙げられるかと思います。
*Class Notebook
*Staff Notebook
*Forms
Class Notebook も Staff Notebook も OneNote が基本になっているので使い勝手は同じです。ただ、使う目的や共有相手が異なっているようで、Class Notebook は教職員と生徒で使い、Staff Notebook は教職員同士あるいは教職員と上長で使うといことをイメージしていただければと思います。

個々の機能の説明については以下をご参照くださいね。
https://www.onenote.com/classnotebook
https://www.onenote.com/staffnotebookedu

 

Forms は、フォームまたはクイズを作成することができます。詳しい機能の説明は(Class Notebook と Staff Notebook も含めて)次回以降で取り上げていきますが、Sway に似た操作感でアンケートや簡易的なテストを作成していくといったイメージを持っていただければと思います。

Forms の説明については以下をご参照ください。
https://support.office.com/ja-jp/forms

 

 

 

Trial


少し気になってきた方もいらっしゃいますよね。
最後に Office 365 Education の30日間の無料試用版(E5)の申込方法ですが、以下のURLにアクセスし、必要事項を入力し登録を行います。
https://signup.microsoft.com/Signup?OfferId=03ee83a5-5cb4-4545-aca9-33ead43f222a,d764709a-7763-45ef-a2a8-db5b8b6ae704&DL=ENTERPRISEPREMIUM_FACULTY&culture=ja-JP&country=JP


最後の方で独自ドメインのセットアップを勧められますが、スキップしていいですよ。
詳しい手順について更に知りたい方は以下をご参照くださいね。
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35835

 

 

Finally


次回以降では本日お伝えしきれなかったサービスの詳細についてお伝えしますね。職場で Office 365 を利用しているだけだと、Office 365 Education について触れてみることが少ないと思いますので、私も勉強してみたいと思います。
では、また次回。次回に備えてコツコツがんばります♪

※今回のキャプチャは Office 365 Education E5 で撮ったものです。

コメントを残す

CAPTCHA